青森県の重要文化財に認定されている弘前昇天教会を母体に生まれた明星幼稚園

明星幼稚園

明星幼稚園について

園長メッセージ

 子どもを取り巻く環境はその時代によってさまざまに変化してまいりました。しかしながら、幼児教育ことに明星幼稚園は子どもの「根っこ」の教育に重点を置いて、ずっと変わらず取り組んでまいりました。この「根っこ」の教育こそが、学習を始める前に大切な「意欲」や「態度」、「思考力」や「判断力」といった子どもたちが生涯にわたって自分を育てる力であったり、「やさしさ」や「思いやり」といった心の育ちに関係してくるのです。

 文字が書けたり、たし算が解けるといった、目に見える学習ではなく、友達と一緒に遊ぶことで初めて自分と違う考えがあることを知り、ケンカをし、悔しい思いや、悲しい思いも(経験してこそ子どもたちの心は大きく育つのです。そして何よりも自分のことをよく理解して寄り添ってくれる先生と一緒に遊んだり、発見をしたり「心の根っこ」を育む環境がここにはあるのです。

 初めての環境で戸惑うお子さんもいるでしょう、そんな時こそお家の方が優しくお話を聞いてあげてください、きっと子どもたちは安心して、気持ちをリセットする力も身につけてくれるでしょう。 

 明星幼稚園で根っこのしっかりした子に育てていきましょう。

教育方針

キリストの教えを基に、一人一人を大切にする教育

・目に見えないものを大切にする教育
  (幼児教育を植物に例えると、植物の根っこの部分です)

・できるだけ本物を経験させてあげる教育
  (弘前の伝承文化にふれる、農作物を植え収穫し食する等)

・卒園時、子ども自身が自分は園生活の中で、先生方にとても大切にされたと思える教育

園の特色

 明治初期に鎖国が解かれ宣教師により 1887(明治7)年に立教大学が、翌年には同志社大学が創設され、やがて 1896(明治29)年に弘前にも英国や米国から宣教師が来て英国国教会(聖公会)の伝統によるキリスト教が伝えられました。

 やがて山道町に土地を求め、1921(大正10)年2月に現在の昇天教会の聖堂が建立されました。米国人ジェームス・M・ガーデナー(明治~大正の建築家で立教大学校校長)による設計で、1995年に青森県重要文化財に指定されています。1930(昭和5)年に明星保育園が隣接地に創設され、後に名称を明星幼稚園と改め、1980(昭和55)年10月に現在地に園舎を全面改築し1985(昭和60)年3月に学校法人 聖公会栄光学園 明星幼稚園となって今日に至っています。

明星幼稚園の概要

園名学校法人聖公会栄光学園 明星幼稚園
理事長名中山 茂
園長名佐藤 滋子
住所〒036-8181 弘前市山道町23
連絡先電話番号 0172-32-3984 / FAX 0172-32-3996
このページのトップへ